矢木脳神経外科病院





大阪の脳外科【矢木脳神経外科病院】 設備概要 > 脳血管内治療

脳血管内治療

3D DSA フラットパネル式バイプレイン血管撮影装置 3D DSA

フラットパネル検出器により今までにはない高品位画像が可能となりました。さらに3次元画像処理システムを搭載することにより、先端治療である脳血管内治療が安全、確実に行われます。

ここでは一般的な説明をしております。個別の治療法については担当医師とご相談ください。

脳血管内治療について

脳血管内治療とは従来の皮膚を切ったり頭蓋骨を開けたり(開頭術)することなく、カテーテルを使って血管の中からアプローチする新しい手術法です。
この治療法の利点は、従来より行われてきた開頭術に比べ
 (1)周辺の脳へ影響を与えずに脳の中心部の病巣に到達が可能であること
 (2)手術の侵襲が少ないこと(患者さまの体の負担が少ないこと)
 (3)総じて入院期間の短縮が図れる可能性があること
などがあります。
弘善会矢木脳神経外科病院では、これまで行われてきた開頭による手術に加え、最先端の治療である脳血管内治療をその選択肢に加えています。

脳動脈瘤

くも膜下出血の主な原因である脳動脈瘤の治療は、従来、患部根元の血管にクリップをかけるクリッピング術といわれる方法が第一選択でした。
この手術を行うためには開頭を行う必要がありましが、血管内治療では一般的に足の付け根からカテーテルを挿入し、血管の中を通して脳の病変部に到達します。

頸部頸動脈狭窄症

脳梗塞の原因となりうる頸動脈の狭窄に対し、頸動脈内膜剥離術(CEA)が標準の手術手技として行われてきました。首の部分から血管を露出し、狭窄を起こしている血管内に付着したアテロームを直接取り除く手術を行います。血管内手術では、血管内を通じてステントと言われる筒状のものを狭窄部に留置して血管を広げる手術が行われます。

当院血管内手術は専任の医師が行っております。尚、血管内専門外来を行っておりますのでお尋ねください。


ページの先頭に戻る
矢木脳神経外科病院 Yagi Neurosurgical Hospital
総合案内 information 06-6978-2307
〒537-0011
大阪市東成区東今里2丁目12番13号
交通アクセス
Copyright(c)  Yagi Neurosurgical Hospital All Rights Reserved.