大阪 弘善会グループ(医療法人弘善会・社会福祉法人幸陽会) 矢木脳神経外科病院,有料老人ホーム,訪問介護,大阪市,生野区,住吉区,住之江区

Flashが表示されない場合はFlashPlayerをインストールしてください

東成地区

  • 弘善会矢木脳神経外科病院
  • 訪問看護ステーションアロンティアサテライト東成

生野地区

  • 弘善会クリニック
  • こうぜんかい・はうす 生野
  • 訪問介護ステーション アロンティアサテライト生野
  • ヘルパーステーション アロンティア生野

住吉・住之江地区

  • 矢木クリニック
  • 介護老人保健施設 アロンティアクラブ
  • 住宅型有料老人ホーム あろんてぃあはうす住之江
  • 訪問介護ステーション アロンティア住之江
  • 訪問介護 アロンティア
  • ケアプランセンター ル・ロゼイ
  • デイサービスセンター ル・ロゼイ
  • デイサービスセンター ル・ロゼイ アネックス墨江
  • 弘善会が目指すもの
  • 弘善会グループ概要
  • 採用情報

ビジョン2020

求人情報

ここにきて、よかった

  • こうぜんかい・はうす空室情報
  • あろんてぃあ・はうす空室情報
  • 開業応援塾
  • 弘善会矢木脳神経外科病院フェイスブック
  • 職員専用ページ

デイサービスセンター ル・ロゼイより
  平成29年3月18日(土)第8回ふらっと楽しむ“すみよし”とういう親子三世代に楽しんでもらうイベントが住吉区民センターにて行われ、ル・ロゼイが参加しました。
  これは、古き良き時代の向こう三軒両隣の繋がりをさらに広げて行きたいという思いを込めて、福祉施設やボランティア団体などが集結する地域交流イベントで、キッズダンスやけん玉パフォーマンスなどが行われました。ル・ロゼイが毎年出店している飲食ブース「わたがし」は、閉店前まで大人気の行列続きでスタッフも大忙し。ル・ロゼイの利用者の方々も来られて、「わたがし」を手に楽しく過ごされていました。スタッフの皆さま、お疲れ様でした!

矢木脳神経外科病院 リハビリテーション科よ
 平成29年3月4日(土)13:30~、矢木脳神経外科病院のリハビリテーション科にて、「第2回リハビリテーション研修会」が開催され、約30名のスタッフが参加されました。
 
 3部構成からなる今回の研修会は、矢木理事長の挨拶からはじまり、脳梗塞の障害を乗り越えられた患者様からの体験談、近畿大学付属病院リハビリテーション科 理学療法士の中路一大先生の講義、また、同付属病院の医学博士であり、テレビや認知症のコメンテーターでもご活躍されている花田一志先生による 認知症について(病院から在宅医療への医療連携)の講義と、内容も充実した研修会となりました。

 約3時間にわたる研修でしたが、スタッフの方々も真剣に講義に参加されていらっしゃいました。各講義の合間に設けられた質問コーナーでは、当院のスタッフから積極的に質問が飛び交う姿も見られ、時間が足りないくらいでした。
 参加されたスタッフの方々、司会や進行に携わった北野課長、河村係長お疲れ様でした。

あろんてぃあ・はうす住之江よ
平成29年2月8日(水)、地域生活情報番組のNHK総合のNHK総合テレビ「ぐるっと関西」の撮影が行われました。NHKが、高齢者施設でミニコンサートを開催し、元気になってもらおう!という企画で、あろんてぃあ・はうす住之江にお声がかかりました。
  撮影当日、キャスター河島あみるさんと、タレントの原田伸郎さんが、ご趣味は?お気に入りの場所は?など、入所の方々に次々と質問がはじまります。入所の皆さん、快活なテンポのお二人の司会に、楽しそうにお話をしていらっしゃいました。趣味はオペラの観劇、特に「アイーダ」が好き、ゲートボール、麻雀、スキーへ旅行に行った素敵な思い出話などなど。
  なごやかなムードになったところで、原田伸郎さんと、のぶりんバンドのミニコンサート開催。風(♪人は誰もただ一人~)や、琵琶湖周航の歌(♪われは湖の子さすらいの~)ついつい一緒に口ずさむ方々もいらっしゃり、撮影とはいえ、楽しいひとときを過ごすことができたと思います。

※この様子は、2月21日(火)に放送されました。

ケアプランセンター ル・ロゼイよ
『認知症サポーター養成講座』
 平成29年2月9日(木)14時より、地域住民向けの「認知症サポーター養成講座が開催され、ケアプランセンター ル・ロゼイの塩田所長が、講師として参加されました。
 認知症サポーターとは、認知症を理解し、認知症を支援する応援者で、誰でもサポーターになれます。
 このような活動は、厚生労働省が、平成27年に認知症の方々を含む高齢者の方に、やさしいまちづくりのために公表したプラン(オレンジプラン)の一つで、地域住民、小中学校、警察、郵便局、銀行、コンビニなどでも活動が進んでいます。養成講座終了後は、認知症を正しく理解し、認知症を支援する応援者として、オレンジリングが配布されます。
  認知症サポーターを養成することで、認知症になっても住み慣れた地域で安心して暮らせるまちづくりを推進しています。
  認知症は、長生きをすれば、誰にでも起こりうる病気です。認知症で困っているのは、認知症の方自身だということ、認知症の理解が深まると、人と人とのコミュニケーションが増え、支援もしやすくなり、安心して暮らせるまちづくりにつながると感じられた講座でした。

デイサービスセンター ル・ロゼイよ
 住吉区では、災害発生時の区役所の対応力を高めることと、地域防災力の向上を目的として、区内全12地域活動協議会をはじめ、区内の関係団体と区役所全職員合同で、大規模な防災訓練を実施しています。
 社会福祉法人幸陽会デイサービスセンター ル・ロゼイも区の福祉避難所に指定されており、訓練では区役所に区災害対策本部を設置するとともに、区内にある37カ所の避難所に区役所職員を派遣し、地域の皆様とともに災害時避難所を開設しました。
 また、社会福祉施設、住吉区医師会、大和川右岸水防事務組合、住吉区社会福議会、住吉消防署、水道局、建設局などと連携した訓練を実施することで、より一層、地域の皆様の安全にお役に立てればと願っています。

医療法人弘善会 人事部よ
『次世代リーダー育成研修』
弘善会グループでは平成28年4月より、外部の講師を招き『次世代リーダー育成研修』を毎月実施しております。
研修には当グループの次世代を担う18名の課長クラスの職員が受講し、経営層から示された『次世代リーダーの理想の姿とは』に基づき、講師と受講者との個別セッションを経て、全体研修では自己理解および他者理解、並びにグループ討議によるリーダーとしてのチームビルディングや組織づくりの考え方や手法、マネジメントの基本などを習得しています。
更に、毎回、受講者は研修終了後に講師から提示されたレポートを提出、本レポートは経営層に回付され、研修内容等が報告されています。
また本研修を通じ、医療職員と介護職員が職場を離れ、忌憚のない意見交換を行うことにより、受講者自身が気付くことも多く、加えて本研修を通じ学んだこと、他の受講者から発表されたことを参考に、日常業務で実践していくことで自らがリーダーとして自覚し成長していくという効果も表れてきています。
研修資料はこちら

弘善会学会委員会より 
2016年8月21日、たくさんの方々のご協力のもと、大阪国際交流センターにて第一回弘善会グループ学術大会を開催することができました。
「絆・挑戦・創造 ~ここに来てよかった~」をテーマに弘善会グループの医療と介護の融合を目指した当学会は、一時 会場内の席が埋まり立ち見の方が出るほどの盛況ぶりで、グループ内だけではなくグループ外からも当法人の医療と介護の連携に対する関心の高さを垣間見ることができました。これからも患者様、利用者様のために医療と介護の両輪で地域に根ざし、邁進してまいります。

ヘルパーステーション アロンティア生野より 
ヘルパーステーションアロンティア生野が2016年7月、生野区巽中4丁目11-27に移転しました。

子供向けの雑貨を取り扱っていたお店の居抜きです。外観はファンシーな感じで、内装はまるで水族館に来たみたいな、かわいらしい雰囲気の事務所です。路面に面したアクセスのしやすい立地で、人の往来が多いので目につきやすく、職員も心機一転「頑張ってお客さんを増やすぞ!」と張り切ってくれていて、管理者として嬉しい限りです。
⇒ヘルパーステーション アロンティア生野

あろんてぃあ・はうす住之江より 
あろんてぃあ・はうす住之江では毎月第2水曜日・第4水曜日にOrangeCafe &あろんを開催します。
場所:大阪市住之江区安立1-4-4 あろんてぃあ・はうす住之江内
開催予定日:毎月第2水曜日・第4水曜日 午後2時~午後4時
参加費:お一人様 100円

珈琲とお菓子を用意しています。どうぞお越しください!
※名称のOrange Cafeは大阪市が推進する「認知症カフェ」に該当します。

あろんてぃあ・はうす住之江より 
6月2日(木)に介護予防の体操教室「スタジオアロン」を開催しました。「スタジオアロン」は毎月第1・3木曜日に、あろんてぃあ・はうす住之江の2階で行っています。
当日は、最多の地域の方が9名(はうす住之江の方3名参加で、計12名)が参加されました。

こうぜんかい・はうす あろんてぃあ・はうすより 
両施設共に、1日の昼食はお節料理でした。
(お節料理の箸置きとして飾られている鶴は、あろんてぃあはうす職員作です。)2日は、こうぜんかいはうすでは、近くの巽神社へ初詣に出かけました。あろんてぃあはうすでは、手作りの栗ぜんざいが振舞われました。
新年のささやかなお祝いでしたが、入居者の皆様にはご好評をいただくことができました。

弘善会 国際事業部より 
中国国務院参事室代表団に国内の法人の中から唯一、弘善会が選ばれ、中華人民共和国駐大阪総領事館の領事、副領事の方々と共に視察に来られました。

訪問介護アロンティアより 
訪問介護アロンティアが2015年10月、住之江区安立1丁目3-14に移転しました。心機一転、地域に根ざした訪問介護事業所として職員一丸となって利用者様と「お互いに生きる喜びを分かち合える」関係をめざしてがんばっていきます。随時、介護に関するご相談・ご質問もお受けしていますのでお気軽にお越しください。
⇒訪問介護アロンティア

矢木クリニックより 
当院の多田院長代行が8月26日放送のNHK『あさイチ』 -薬ちゃんと飲んでいますか?- に出演し、患者様の目線に立った情報の大切さ、残薬と医療の質を高める医・薬連携についてコメントされました。
・NHKあさイチ
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/2015/08/26/01.html

矢木脳神経外科病院より 
奈良学園大学の看護学生と交流会を行いました。
⇒看護部フェイスブック

矢木脳神経外科病院より 
7月8日、グランフロント大阪で行われた大阪市主催、「日本一気軽に行ける!介護・福祉・医療のおしごと面談会に参加いたしました。
http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000315197.html

矢木クリニックより 
当院の多田院長代行が5月19日放送のNHK『クローズアップ現代』薬がのみきれない!~知られざる”残薬”のリスク~に出演し、残薬をなくすための医・薬連携についてコメントされました。
・NHKクローズアップ現代
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3653.html

矢木脳神経外科病院より 
 矢木脳神経外科病院の河田看護師が、インターベンションエキスパートナースの資格を取得しました!この資格は、カテーテル治療を受ける患者さまへの看護のエキスパートだと認めるものです。
 院内で専門性が発揮できる環境を整えて、チーム医療の中で看護が果たす役割のレベルアップを目指しながら、患者さまの安全と安心を護っていきたいと思います。

矢木脳神経外科病院より 
4月18日(土)薬学生&看護学生就職フェアに参加しました。大学院がブースを連ねる中、専門病院である当院の特性をよく知った上で来訪してくれた学生さんがたくさんおられたのが、とても嬉しかったです。
https://www.facebook.com/yagihp

幸陽会ル・ロゼイより 
2月6日(金)に住吉大社吉祥殿にて住吉区介護保険事業者連絡会に参加致しました。弘善会は地域に根をはり、ご利用者様のために協働するネットワーク作りに協力させて頂きたいと願っています。 

アロンティアクラブより 
1月28日(水)flowers様に演奏会を開催していただきました。
ピアノやトランペット、美しい音色で利用者様に楽しんで頂くことが出来ました。 日時 1月28日(水)11時~ 14時~

ページ上部へ戻る